『名札作成』 ACCESSでつくった 【おまけ】

目次

会社の名札をACCESSでつくってみた

POINT

会社にとって入社時にまずもらえる名札は、この会社の一員になったと自覚する一枚です。
今までは筆まめ(年賀状ソフト)でパターンを作って社員の情報を手入力し、カード紙に印刷し、顔写真をシール紙で印刷し切って貼ってつくっていました。

せっかくACCESSでこれまで社員情報を蓄積してましたから、利用していきましょう。

こんな名札をつくります

なふだ

作成の手順を説明します

STEP
顔写真 保存

顔写真を撮って サーバーの共有フォルダに名前を付けて保存します。名前はルールを決めます。
システムの社員マスタと同じ名前(半角全角スペースの違いに気を付けて) ジェイペグ(jpg)で保存しましょう

業務部
STEP
フォームを作ります
名札フォーム1
STEP
名札を作成する社員を選びます

社員CDのコンボボックスから表示されるリストから社員を選びます。もちろん直接 社員CDを入れることもできます。

なふだ2

社員CDのコンボボックスのコントロールにプルダウンさせるクエリをセットします

クエリの作り方は 『運転手 作業状況参照』 ACCESSでつくったを参考にしてください

STEP
名札作成のボタン Print Image を設置します
Print Image
STEP
レポートがひらき 紙をセットして 印刷します
なふだ

このように筆まめなどでひとつひとつ作っていかなくても、ACCESSシステムで簡単に名札ができます。紛失した場合などすぐに名札の再発行ができ、とても評判がいいですよ

ブ長

こんな 便利なこともできるんだね

ももい

これも情報を整理して一元化したおかげです。
業務効率化が進みますね~

目次
閉じる